asobi system.com
ARTISTS

ARTISTS

南波志帆

プロデューサー矢野博康との出会いを機に、 自分の個性的な声を最大限に活かせるシンガーとしての道を歩むことを決意。



2008年11月、“マジック・ヴォイス”と表現される、ゆるふわかつフレッシュで、透明感ある歌声を武器に、 ファースト・ミニアルバム「はじめまして、私。」でLD&Kよりデビュー。



2009年9月にリリースしたセカンド・ミニアルバム「君に届くかな、私。」が、 各CDショップのインディーズチャートにランクインし、インディーズシーンで注目される存在となり、 翌年6月にメジャーデビュー・ミニアルバム「ごめんね、私。」をポニーキャニオンよりリリース。



2011年7月20日には、作曲に山口一郎(サカナクション)、作詞に小出祐介(Base Ball Bear)を迎えた TOWER RECORDS限定販売のセカンド・シングル「こどなの階段」を含む 待望のファースト・フルアルバム「水色ジェネレーション」をリリース。
※ミュージックジャケット大賞2012『特別賞』を受賞!



2012年3月7日発売のサード・シングル「少女、ふたたび」が MBS・TBS深夜ドラマ『家族八景 Nanase,Telepathy Girl‘s Ballad』の主題歌に抜擢され、大きな反響を得たことは記憶に新しい。



2012年7月25日発売のフォース・シングル「髪を切る8の理由」では 作曲に秦 基博、作詞はコピーライターの尾形真理子が担当。 夏らしい爽やかなメロディと、女性ならではの視点で表現された言葉が結び付いた最高のガールズチューンが誕生。



2012年11月7日フィフス・シングル「MUSIC」は、内澤崇仁(androp)が楽曲を提供。 独特の世界観が融合し新たな南波志帆の魅力が引き出された楽曲。 ※ベルクラシックグループ「93KEY」TVCMタイアップ曲(2013年1月~12月O.A)



2012年12月5日セカンド・フルアルバム「乙女失格。」をリリース。 小出祐介(Base Ball Bear)、コトリンゴ、末光篤、土岐麻子、堀込高樹(キリンジ)、宮川弾、矢野博康という 南波志帆作品に欠かせない作家陣に加え、 今作ではAxSxE(NATSUMEN)、伊澤一葉(あっぱ、ex.東京事変)、津野米咲(赤い公園)が参加。
音楽ファンのみならず、各分野で話題となっている。



また、
・『カルルとふしぎな塔』や『アマールカ』では、ゆるふわヴォイスを活かした声優として出演。
・NHKワンセグ放送「ワンセグ☆ふぁんみ」では、ヒゃダインとのツインMCとしてレギュラー出演。
・FM NACK5「The Nutty Radio Show おに魂」のコーナー枠「南波志帆の今夜もグラッチェ♪」ではコーナー最年少MCとして レギュラー出演。
・NTV「PON」にて初めて作詞に挑戦した楽曲がテーマソングに抜擢。※2013年1月~3月クールO.A ・女性ファッション誌「 CUTiE 」では「南波志帆の乙女ミュージック☆」と題して、新連載スタート。
と多方面で活躍の場を広げている。



彼女の凛としたすがすがしいたたずまい、まっすぐで存在感のある歌声は数多くのミュージシャンとクリエイターを魅了し、今後の動向に注目が集まっている。



Official Websitehttp://www.nanbashiho.com/

  • Twitter
  • facebook

SCHDULE AUG. 2017

< PREV

NEXT >

  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  •  
  •  
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

SUBSCRIB
  • Twitter
  • facebook
  • RSS

banner

banner

banner

Facebook
twitter